横浜の業者にマンションの大規模修繕工事を依頼して良かったです。

足場を組むから台風時期を避けて工事

施工内容が決まった後に、その決定内容の資料のカラーコピーを配って、なにか訂正や要望があるのかを聞きました。
数名からエントランスの正面玄関の材質や、廊下とバルコニーの床材の色などで要望が出て、全住民に意見を取って修正しました。
業者選びから、施工内容の設定までに、約半年の期間が掛かりました。
次に施工時には、足場を組んで塗装を行ったり、床材が乾くまで塗装臭いので2カ月近く窓を開けられないので、10月から1月の涼しい時期を選びました。
10月に入ってから、大型の台風が上陸したので、業者から足場を組んでの作業は危険だと言われて、少し施工開始をずらして、10月末に足場を組み始めました。
1週間ほど掛けて足場が組まれた後に、周辺の住戸に塗装が飛ばないように2重のシートを巻きました。
屋上の外壁から塗装の施工が始まって、最上階から1階につき3日程度掛けて外壁の割れの修繕と塗装が始まりました。
10階以上の建物だったので、ベランダ側の塗装の施工が終了するのに1カ月程度掛かりました。

草加市 稲荷 戸建 足場仮設工事 https://t.co/ImKtqeyp02 草加市にて改修工事の足場仮設工事を完了いたしました。
台風でしたので足場が風に煽られないようシートを台風養生をいたしました。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇株式会社 希…

— 株式会社希匠 (@ki_syou1) 2017年10月24日

大規模修繕工事の時期にマンション理事が回ってきた : 足場を組むから台風時期を避けて工事 : 施工後の仕上がりに満足